ホーム

近所の託児所が閉まっていました

読了までの目安時間:約 2分

自宅の近くのマンションの一階のテナントに、2、3ヶ月前位に託児所が開店しました。
その前は、ブティックで、あまりお客が入っているのを見た事が無かったので、閉店した時は驚きませんでした。
テナント募集の張り紙をみた時は、次に何の店ができるのかと、期待していました。
自宅の付近には、レンタルDVD屋がないので、それができるといいと思っていました。
しかし、工事が始まり、出来上がってみると、なんと託児所でした。
小さな子供を預ける人が多く、店内は、凄くにぎわっていました。
しかし、上の階は、マンションです。
外からも聞こえる程、子供の声が大きかったので、マンションの住人はうるさいのではないかと、ひやひやしていました。
何しろ、最近の子供は、昔と違い、声が大きいですし、奇声を発します。
ゲームとかの影響なのでしょうか。
そして、今日買い物の途中で見たら、シャッターが下りていました。
やはり苦情があったのでしょうか。
ニュースでも、近所に保育園ができるのを、嫌がっている人が沢山いるのを聞きました。
少子高齢化に向けて、子供の保育は大切ですが、騒音の苦情を言う人の気持ちも判ります。
難しい問題だと思います。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報